転職を考えている保健師の方、必見です!

保健師の求人転職に強い求人サイトは?



保健師は約6割が公務員という安定性の高さから、今も昔も人気のある職業として知られていますよね。保健師は男女問わず非常に働きやすい環境ではあるのですが、保健師ならではの悩みを抱えている方も、実はたくさんいるんです。

こうした悩みを解消するためには「転職」という一つの解決策もあります。現在「転職を考えている」という保健師さんは、看護師・保健師求人専門の求人サイトを利用して転職を成功させてみてはいかがでしょうか。

はじめて転職するという方にはイメージしにくいと思いますが、求人サイトを利用した転職活動には以下のようなメリットがあるんです!

保健師が求人サイトを利用して転職活動する3つのメリット!


(1)効率の良い求人探しができる

求人サイトでは、看護師や保健師と言った医療系資格の求人を専門的に扱っているため、ピンポイントで保健師求人を探すことができます。保健師求人も豊富で、中には登録した者にしか閲覧できない好条件の非公開求人もありますので、自分の理想とする職場に出会える可能性は高まります。

(2)条件アップのチャンス

求人探しをしていると「この職場、仕事や立地面では私の希望に近いけど給料が納得できないな」なんて惜しい求人に出くわすこともありますよね。求人サイトには担当のアドバイザーがおり、利用者が納得して転職できるように、給料や待遇等の交渉を請け負ってくれるケースもあります。

(3)転職サポートが手厚い

いざ転職!となっても「志望動機に何を書けば良いのかわからない…」とお困りになる方はとても多いです。求人サイトの担当アドバイザーは、履歴書や面接などの指導・転職サポートが充実していますので、初めての転職もスムーズに進むでしょう。


求人サイトを利用することのメリットについてご紹介いたしましたが、悪い求人サイトに当たってしまうと利益優先で評判の良くない職場を勧められる危険性がありますので、くれぐれも求人サイト選びには注意しなくてはなりません。

下記では、保健師さんにおすすめしたい求人・転職サイトをランキングにてご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

保健師の求人・転職サイト、おすすめランキング

マイナビ看護師
マイナビ看護師
CMでもおなじみの大手求人会社マイナビの、看護師(保健師)専門の求人支援サイトです。質の高い転職サポートで利用者が満足度が高いのも魅力ですが、全国に支店があるため、地方の方でも相談しやすいのが特徴です。保健師の転職活動で、是非登録しておきたい一社です。

ナースではたらこ
ランキング4位
求人情報サイトで有名なディップが運営している医療職を専門に扱った求人サイトです。求人数は多く、全国の医療機関ほとんどが集結したラインナップとなっていますので、転職が初めての方でも安心して利用できますよ。利用者からの口コミも良く、希望条件を満たす理想的な求人を見つけたい!と言う方におすすめです。

ナースパワー
ランキング3位
25年という長い間、医療職求人を専門的に扱って第一線で活躍してきた実績ある求人サイトです。業界一の老舗求人サイトがもたらす最大のメリットは、信頼感です。求人先と長きに渡って築き上げた良好な関係により、転職成功率は高いです。医療業界に精通したコンサルタントのノウハウは、とても参考になります。現在、全国13か所の展開です。

ベネッセMCM
ベネッセMCM
テレビCMでもなじみ深い、大手企業ベネッセコーポレーションが運営している転職支援サイトです。看護師だけでなく、保健師の求人にも力を入れており、医療従事者として活躍していたコンサルタントによる手厚い転職サポートが魅力です。ただ、現在のところ首都圏のみの展開ですので、利用する際は注意してくださいね。

保健師が抱える問題や悩みとは?



保健師を取り巻く問題や悩みとは一体なんなのでしょうか?

まず、保健師を目指す者にとって大きな問題となっているのが、就職率の低さではないでしょうか。

保健師の就業先は行政機関がほとんどですので雇用や収入が安定していて離職率は低いと言われています。結婚・出産後の女性にも働きやすい環境が用意されていますので、退職せずに産休・育児休暇という形で職場復帰する方が多く、求人募集も出にくいといった状況となっています。


また、各自治体や企業などで必要とされる保健師の人数は極めて少ないため、看護師等と比べて求人数自体が少ないです。産休などに入られた方の欠員を補う為に非常勤として求人が出回ることはありますが、正社員雇用での募集を探すのは困難なことでしょう。



そして、保健師さんが抱える悩みは様々ありますが、転職を決心するきっかけのひとつと言えるのが人に頼りにくい職場環境です。


保健師は、地域や学生、労働者といった大勢の人を対象に活動を行いますが、それを担当する保健師の数はわずか数人です。

養護教諭として学校に勤務する場合、全校生徒+先生達を相手にたった一人で業務をこなさなくてはなりません。

もちろん、看護師のように終始気を張って仕事を行わなくてはならないという緊迫した環境ではありませんが、一人で抱える負担は想像以上に大きいものです。


また、行政では保健師数名のグループで動いているところもありますが、それぞれ自分の担当を持っているので、お互い余裕がない時はピリピリした空気が張り詰め、とても相談できる状況ではないというストレスを日々感じているようです。


 保健師の求人転職に強い求人サイトはコチラ

仕事や給与面での不満も・・・



職場の環境意外にも、保健師としての業務に対する不満があります。

看護師のステップアップとして保健師の仕事に就いた方も多くいます。

しかし、保健師として雇用されたにも関わらず、看護師の業務を任せられたり、電話対応などの医療事務と同様の仕事を担当させられた等の声をよく聞きます。

これは病院に勤務する保健師から寄せられる悩みなのですが、時間とお金をかけて保健師の資格を取得できたのに、仕事に活かすことができないなんてせっかくの苦労が台無しになってしまいます。




また、昇進・昇給の機会が少ないことも保健師を悩ます問題のひとつです。

行政保健師で働く場合、正社員で勤務年数が多くなればなるほど昇進や昇給のチャンスが確立されている所も少なからずあります。とは言っても、保健師が組織のトップに位置づけられることは絶対にありませんし、昇進のために行われる試験が非常に難しく、それを突破する合格者は極わずかであることは間違いありません。


企業や病院で働く保健師求人の場合、昇進の機会は行政保健師に比べると多いです。
しかし、昇給に関しては企業・病院によって条件は様々ですので、安定していないところも少なくありません。

また、役職についた保健師の空きがなければ昇進することも難しくなりますので、出世希望のある保健師さんにとっては同じ職場で長く勤務することに不満がつのってしまうのではないでしょうか。




こういった悩みを解決するために、
思い切って転職を決意する保健師さんはとっても多いです。



これらは保健師が抱えるごく一部の悩みなのですが、いずれも職場の環境や雇用形態を変えてみることで、保健師としてのやりがいを持って活躍できるチャンスは一気に広がります。

保健師の仕事や悩みに答えて、自分の希望条件に合った職場を紹介してくれるのが保健師転職のための求人サイトです。
登録は無料ですし、非公開求人も取り扱っておりますので、安全かつ効率的に求人を探すことができます。


求人サイトの保健師専門エージェントが、沢山の求人の中からあなたにぴったりの職場を探し出し、保健師として今まで以上にイキイキと仕事ができるようにしっかりとサポートしてくれますよ。


 保健師の求人転職に強い求人サイトはコチラ