保健師としてより飛躍するために!

保健師がスキルアップで取得する資格は?



保健師の資格を持っている人が、さらにスキルアップをしたいと考えたとき、どんな資格に挑戦することができるでしょうか?資格を得ることで、現在の業務に生かすことができたり、活躍の場を広げることを目指す人は保健師の中でも多くいます。


保健師は母子から高齢者まで、幅広く健康相談を受ける機会は多いですが、この部分をさらに強化するため、メンタルヘルス対策の資格を取ることができます。

産業カウンセラーはその一つで、企業で産業保健師として働く人にはおススメです。心理的技法を用いて、従業員が抱えている問題を解決していきますが、資格取得の中でカウンセリングの内容を向上させることができます。

難易度の高いところでは、認定心理士、臨床心理士があります。こちらは大学・大学院の修了が条件になっており、取得するに時間も費用もかなりかかりますが、さらに専門性を深めたい人は目指すことも一つの手段です。


また、保健師資格を持つことで受験が可能、且つスキルアップに繋がる資格は次のようなものがあります。

養護教諭はいわゆる保健室の先生です。保健師資格のみでは小・中学校の保健室の先生にはなれず、養護教諭の資格が必要になります。学生の健康診断や心や身体の管理のみならず、校内の水質検査、空気検査、照度検査等を行っていく役割もあります。

保健師資格を持つことで、無試験で第一種衛生管理者の資格を得ることが可能です。職場の衛生・健康状態をチェックする仕事になりますが、現在50人以上労働者がいる事業場では一人以上の衛生管理者の常駐が義務付けられています。持っているだけで収入に上乗せされる場合もあります。


続いて健康運動指導士ですが、医学や運動生理学の知識を深め、運動による健康維持・改善の指導を目指すための資格です。リハビリの重要性や高齢者の福祉施設での運動の需要が知られるにつれ、注目を集める存在になっています。

介護の現場に目を移すと、介護支援専門員、通称ケアマネージャーの資格を取ることもできます。介護の需要は益々高まりますので、強力なスキルアップになるでしょう。


これらの資格は、通常受験資格を得るにも色々な条件があるところ、保健師資格を持ち、すぐに、もしくは数年の勤務経験で受験できてしまうところも注目したいですね。

これらのスキルアップで、現在の職場で活躍の場を広げたり、収入アップが見込めることもありますが、もっと身につけたことを活かしたい、収入アップできる職場を探したいとお考えでしたら、転職支援サイトを利用してはいかがでしょうか?

検索機能も便利で、様々な支援サービスも充実していますので、きっと条件に合った求人が見つかるでしょう。おススメのサイトを下から是非チェックしてくださいね。


 保健師の求人転職に強い求人サイトは?