産業保健師は企業選びが重要です!

産業保健師、企業での仕事内容は?



保健師の方の職場として、行政(保健所や保健センター等)の次に多いのが民間企業や団体組織に勤めるこの産業保健師です。

行政保健師よりも比較的高収入が期待できるということや保健師職が尊重されやすいといったことから、多くの保健師の方が希望する人気のお仕事です。行政では事務的な職務が多いですが、企業に1人から数名の保健師は職員の健康症状に直接触れ合う機会も多く、現場での経験も活かされやすいでしょう。


産業保健師の職務は、産業医や人事の方とともに職員の方々の健康維持に努め、職場の衛生管理に関して専門的な見解や問題点を調査し対策を考案していくことです。

多くの職員を抱える企業では、個人レベルのケアには手が回りません。定期的な検診や検診結果による措置はもちろんですが、もう少し個人のメンタル部分に入り込んだ調査が必要とされます。例えば、長時間労働や復職等に関する個人面談、うつ病などのメンタル面の調査や相談等でしょうか。

他にも、企業の集団感染に気を配ることも産業保健師の仕事です。普段からの衛生管理の一環で安全衛生会議や講内パトロールを定期的に行う職場もあるでしょう。


行政では、住民の健康維持がメインなのに対して、こちらは職員の健康維持だけではなく企業の利益も考慮しながら作業を進めていくことになります。職員と企業の中間の立場に置かれますので、ストレスを感じる保健師の方も少なくありませんが、その収入の高さは他の職場に比べて非常に魅力的です。
 
しかし、産業保健師の求人募集広告を見かける事はなかなか無いと思います。

保健師は健康保健組合を備えている企業には必ず必要になります。組合が無い企業でも保健室や医務室を完備している企業でしたら保健師を置いている場合は多いのですが、1企業に対して保健師は1人~数人がほとんどです。残念ながら少ない枠を多くの保健師で競い合っているのが現状なのです。


現在、行政保健師や病院保健師、学校保健師としてお仕事をされている保健師の方でも、収入や福利厚生などの待遇の良さから、産業保健師への転職を望んでいるという方も少なくありません。

産業保健師のお仕事をする為には、いち早く企業からの募集を見つける事が先決です。一般的な求人情報を探してもほとんど掲載されていませんので、保健師の専門求人サイトをご覧になるのが一番早くて確実でしょう。


上場企業などの高収入で待遇が良い求人案件は、企業名を伏せるために非公開になっている場合もありますので、いくつかの求人サイトを無料登録して非公開求人を中心に検索されることをおすすめします。