転職を考えている保健師の方、必見です!

保健師の求人転職に強い求人サイトは?

保健師,転職サイト

保健師は収入が良くて雇用も安定している、人気の職業の一つです。

しかしながら待遇の改善やキャリアアップ目的で、転職を検討する人もたくさんいます。


転職活動の強い味方となるのが「転職求人サイト」ですが、保健師の場合はどのようなサイトに登録すればいいのでしょうか?

保健師の転職で押さえておきたいポイントも、併せて紹介します。


保健師の転職サイト、選び方の3つのポイントは?

保健師,転職サイト,選び方

転職しようと思い立った時に、まず確認するのが「転職サイト」ですよね。

有名なサイトも多くありますが、保健師にとって転職に役立つ求人サイトは、どのように探せばいいのでしょうか?

1.専門分野に特化した転職サイトを選ぶ

転職サイトには、あらゆる職種の求人を一挙に紹介している「総合転職サイト」と、エンジニアやクリエイター、そして医師や看護師など、専門分野に特化した求人だけを掲載する「業種特化型の転職サイト」があります。

色々な職種から転職先を探したい人は、総合転職サイトが向いています。


一方で何らかの専門知識や資格を持ち、それを活かして働きたい場合は、業種特化型の方がオススメです。

「転職先でも保健師として働きたい!」という人は、看護師専門の転職サイトを使いましょう。


保健師の求人情報が豊富なだけでなく、転職をサポートしてくれるコンサルタントも業界に精通している場合が多いため、より効率的に転職活動を進められます。


2.求人掲載数の多いサイトを選ぶ

看護師専門の求人サイトは、探してみると意外と多くあります。その中からサイトを選ぶ時に注目したいのが、「求人掲載数の多さ」です。

転職先を選ぶなら、やはり選択肢が多いに越したことはないですよね。


特に注意したいのが、地方で転職する場合のサイト選びです。

求人掲載数が少ないサイトでは、都市部の求人はある程度揃っているものの、それ以外の地域の求人はほとんどない、という事もよくあります。


CMでよく見かけるような大手のサイトは、全国の求人を網羅している場合が多いため、選ぶならこちらがオススメです。

ちなみに、より多くの求人を見つけるためにも、複数の転職サイトに登録するのが望ましいです。


ただし、あまり多く登録しても管理が大変になるので、2~3サイトに留めておきましょう。

3.コンサルタントを活用できるサイトを選ぶ

転職活動をサポートしてくれるコンサルタントは、転職サイトに会員登録することで、誰でも無料で利用できるサービスです。

自分の希望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の添削や面接対策、勤務条件の交渉まで任せることができます。


ただし転職サイトによっては、コンサルタントのサービスを行っていない場合もあります。またサイトによって、どこまできめ細やかなサポートを受けられるかにも違いがあります。

以上、保健師の転職サイトの選び方を見てきました。これを踏まえて、評価の高い転職サイトをランキング形式で紹介します。


保健師の求人・転職サイト、おすすめランキング

マイナビ看護師
マイナビ看護師
CMでもおなじみの大手求人会社マイナビの、看護師(保健師)専門の求人支援サイトです。質の高い転職サポートで利用者が満足度が高いのも魅力ですが、全国に支店があるため、地方の方でも相談しやすいのが特徴です。保健師の転職活動で、是非登録しておきたい一社です。

ナースパワー
ランキング3位
25年という長い間、医療職求人を専門的に扱って第一線で活躍してきた実績ある求人サイトです。業界一の老舗求人サイトがもたらす最大のメリットは、信頼感です。求人先と長きに渡って築き上げた良好な関係により、転職成功率は高いです。医療業界に精通したコンサルタントのノウハウは、とても参考になります。現在、全国13か所の展開です。

MCナースネット
MCナースネット
常勤から派遣・パートまで幅広い転職支援に対応する、転職支援の大手企業です。求人数の少ない保健師求人から、求人数の多い常勤看護師まで多くの求人を揃えているのが特徴です。利用者からの信頼度も高く、利用者満足度は95%です。全国18箇所に拠点があるのも魅力です。



保健師の悩み、転職で解決できる?

保健師,悩み

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、「現在の職場に何らかの不満がある」という人が多いのも事実でしょう。

保健師は職場に対して、具体的にどんな悩みを抱えているのでしょうか?

悩み1:給与が低い

「もう長く働いているのに、なかなか給与が上がらない」「同世代の人達と比較して、自分の給与は安い気がする」など、給与に対して不満を抱いている人は少なくありません。

しかし上司に向かって「私の給与を上げてください!」なんて交渉も、簡単にできることではありませんよね。


「上の立場の人が辞めないとキャリアアップの機会が回ってこない」という職場では、長く働いても給与がほとんど変わらないケースも出てきます。

そのような場合は、待遇の良い職場に転職してしまう方が手っ取り早いです。


ただし、今と全く異なる業務内容の職場に転職すると、保健師の資格こそあるものの「業界未経験」とみなされ、給与が下がる可能性もあるため、注意が必要です。

<関連記事>:保健師の給料は看護師より高い?保健師が収入アップする方法は?


悩み2:業務内容に不満がある

「保健師の資格を持っているのに、看護業務ばかり任される」「人手が足りず、忙しすぎる職場から解放されたい」など、業務内容に関する不満から、転職を決心する人もいます。

しかしこういった問題は、同じ業務内容の職場の場合、案外どこでも同様の状況にあることが多いようです。


もちろん多少の差はありますが、せっかく転職したのに、状況が前とあまり変わらないのは悲しいですよね。

もし業務内容に不満がある場合は、思い切って今までとは別の業務内容の職場(病院保健師から産業保健師など)に挑戦してみることをオススメします。

<参考サイト>:保健師の仕事の内容|Benesse マナビジョン


悩み3:色々な仕事を経験してみたい

保健師の仕事は、決められた作業を淡々とこなすことが多く、ルーティンワークになりがちです。

慣れれば仕事が楽に感じられるというメリットもありますが、保健師の資格を活かして、もっと色々な仕事に挑戦したい!と考える人もいるでしょう。


保健師の職場は、病院や行政機関、学校、そして一般企業と幅広く、それによって任される仕事も異なります。

現在の仕事に物足りなさを感じているなら、転職して新しい仕事を覚え、保健師としての経験を積むのも一つの手です。


新しいことを1から覚える苦労はあるものの、転職して色々な業務を経験することは、自身のスキルアップに繋がります。

保健師としての引き出しが増えるだけでなく、前職での経験が新しい職場で歓迎されることもあるでしょう。


ただし、色々な業務を経験するのは良い事ですが、短い期間で何度も転職するのは、採用する側からもあまり印象が良くありません。

今後、色々な業務に携わりたい人は、規模の大きな職場に転職するのがオススメです。

<関連記事>:産業保健師への転職、注意点は?


保健師の転職、知っておきたいポイントは?

保健師の転職,ポイント

「転職したいとは思っているけど、なんとなく漠然とした不安がある…」という人は、業界についての知識が足りないからかもしれません。

保健師が転職で失敗しないために、知っておきたいポイントを整理しましょう。

保健師の職場、どんなところがある?

保健師の職場というと、どうしても行政機関や病院のイメージが出てきますよね。

しかし保健師の資格を活かして働ける職場は、これ以外にも沢山あります。まず候補として考えられるのが、一般企業です。


保健師を募集する企業は、ある程度規模の大きな会社であることが多く、誰もが知っているような大手企業で働くことも夢ではありません。

給与や福利厚生の面も充実していることが多く、ぜひ検討してみたい就職先の一つです。


また他にも、学校や保育園、老人養護施設、警視庁でも、保健師が必要とされています。

新しい業務内容に挑戦してみたい人は、就職先の選択肢も広げてみて下さいね。

<関連記事>:保健師の種類や職場は?どこで選ぶ?


保健師の平均年収は?

保健師の平均月収は約32.1万円、平均年収は528.9万円と言われています。

また年収を年代別にみると、20代で350~370万円、30代で400~430万円、40代で470~540万円、50代で570~630万円です。



いずれも日本人の平均年収を大きく上回っていて、かなり高水準であることが分かります。

勤務先別でみると、産業保健師や学校保健師は給与が高い傾向にあり、職務に関係のある資格(学校保健師であれば養護教諭免許など)を持っていると、さらに年収が高くなります。


ただし転職においては、スタートの金額が前の職場での年収を大きく割ることも少なくないようです。

特に年齢が高くなってから新しい業務に挑戦する場合、収入が大きく下がる可能性もあるため注意が必要です。

<関連記事>:保健師の転職で年収アップさせるには?

保健師のスキルアップにオススメの資格は?

「保健師としてスキルアップするために転職したい!」という人にオススメなのが、資格の取得です。

自分の業務内容に合った資格を取得することで、仕事に対する理解がより深まったり、業務の幅が広がって色々な経験を積めるようになります。


行政保健師であれば介護支援専門員や福祉住環境コーディネーター、病院保健師なら家族相談士や家族心理士などの資格がオススメです。

<関連記事>:保健師のスキルアップ!持っていると有利な資格は?


勤務先によっては、スキルアップのための研修や勉強会を定期的に開いていたり、資格取得のために金銭的な支援をしてくれる場合もありますので、積極的に活用しましょう。


 保健師の求人転職に強い求人サイトはコチラ







<当社運営サイト>
薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師転職で後悔しないための情報サイト

助産師の求人転職に強い求人サイトは?

女子向け!電話占いサイトで悩みが解決できるかも?