保健師の種類は大きく分けてこの3タイプです。

保健師の仕事とは?



私達の生活の中で身近な保健師さんといえば、各市町村の保健センターに勤務して地域住民の健康サポートを行う保健師さん、または学校や企業に駐在して所属している人達の健康管理や病気予防の指導を行う保健師さんなどでしょうか。

保健師の国家資格は看護師資格を持っている方でないと取得できません。看護師としての知識と経験を持ちながら、さらに予防と指導の知識と経験を積んでいきます。保健師の資格を取得したら、今度は保健師の求人を探してご自身で就職活動を行うことになります。

さて、保健師の仕事は病気や怪我の予防をして体と心の健康維持を指導していくことですが、職場ごとに少々違いがあります。


・行政保健師

各市町村などに設けられている、保健センターや保健所などで公務員として働く保健師です。保健師として働く職場の中では圧倒的にこの行政保健師が多く、地域住民の健康と安全な暮らしをサポートしていきます。

赤ちゃんからお年寄りまで、男女問わず様々な年齢層の住民に係わっていく事になり、電話や窓口での相談に対応したり、健康診断のお手伝いをしたり、行政が推進するサービスを紹介してよりよい生活環境になるようお手伝いします。必要があれば家庭訪問をする場合もあります。

また、感染予防なども行政保健師の大事な仕事です。予防接種もその一つですが、衛生管理の指導の為に各団体へ赴く場合もあります。


・産業保健師

企業や会社、組合などの組織団体に所属して、職員達の健康管理と病気・ケガ予防の指導を行います。対象は中年層の方が多いので、定期検診はもちろんですが成人病に関するケアも必要となるでしょう。

また、社会問題としても取り上げられることの多い”うつ病”に関する傾向や調査も産業保健師の役割です。組織と職員の間に立って、どちらも健康的で安定した職場環境になれるよう仲介的な業務を求められる場合もあります。


・学校保健師

産業保健師と同じように、勤務先の職員や生徒たちの健康管理と病気・ケガ予防に努め、よりよい学園生活を送れるよう推進していくお仕事です。学校保健安全法に基づいて保健師を駐在させる学校がほとんどで、保育園から大学まで多くの学校で保健師が活躍しています。



他にも、保健師の需要が高まりつつある現場として、介護・福祉施設などがあります。より健康に安全に施設生活を送っていくためにも、保健師の専門的な見解や指導を望む経営者が増えてきているようですね。

保健師の求人は専門の求人サイトでたくさんの案件を見る事が出来ます。それぞれの現場で待遇も違ってきますので、まずはいろんな募集案件を見て参考にしてみてください。