海外で保健師としてのキャリアアップをはかりたい!

保健師の転職、海外で働きたい!



保健師としてキャリアを積むにあたって、海外で働きたいと考えているならば、どんな働き方があるでしょうか。語学が堪能だったり、海外で頑張る自分の姿に憧れを持っているならば、今後のキャリア目標として考えておく必要があります。

保健師のほとんどは自治体の保健所や保健センターに勤務していますので、地域に根差した仕事が多いと言えます。そうなると海外勤務とは程遠く、なかなか手の届かないものではないかと考えがちです。ですが、保健師も海外で働くチャンスはまだまだあります。


例えば、海外に支店や研究機関がある大手企業に産業保健師として勤務した場合、海外勤務になる場合があります。現地で働く従業員は、気候や文化の違いから肉体的・精神的に疲弊することも多いため、そのケアを担うことになります。

また、文部科学省管轄の元、海外の日本人学校の養護教論として海外に勤務することができます。自治体の教員採用試験の合格、教育委員会の推薦が必要など狭き門ではありますが、現地の日本人学生とその家族を支える仕事を行うことになります。


しかし、これらの仕事は極限られた席しかなく、なかなか就業するのに難しいところがあります。産業保健師として海外派遣されるのであれば、それなりの経験も必要となってきますし、語学力も大きく問われてきます。目指すには長い目で見た準備と、タイムリーな情報収集が必須です。

そこで、保健師として長年のキャリアはないけれど、海外に挑戦したいのであれば、JICAの海外ボランティアに参加することも考えられます。語学を日常的に使用する環境で国際的な経験を日々得ることから、グローバルに働きたい保健師には大きな経験になります。


JICAは日本政府支援している国際支援団体で、毎年多くの日本人がボランティアとして発展途上国に派遣されます。専門知識を現地で普及させる目的があるので、保健師ならば保健管理の普及に従事することになります。

ボランティアと言っても、派遣先によって285~830米ドルの生活費と住居が提供されます。さらに基本派遣期間の2年後に帰国した際は、帰国社会復帰手当としてある程度の金額が支給されます。


出発前には日本での研修期間もありますし、現地での生活は困難も伴う場合も多いですが、必ず保健師として大きな海外経験が積めることでしょう。

そして海外勤務を目指すならば、タイムリーな情報収集は必須です。どんな求人があるかも事前にチェックをして、キャリア形成のイメージを掴むことも大事です。転職サイトなら希望条件に合った求人探しも便利ですし、海外に支店を持つ企業の求人も見つけやすいですよ。

保健師の求人が多く集まる転職サイトを、下のリンクからチェックしてみましょう。