訪問看護ステーションで保健師はどんな仕事をするの?

保健師、訪問看護ステーションの仕事



日本では高齢化社会が進み、高齢者人口の割合は増加の一途です。その中で、高齢者に対する医療やその予算は大きな問題になっています。そこで推進されているのが在宅ケアで、住みなれた家で自分らしく生活したい高齢者の希望も叶えられ、需要は高まるばかりです。

そこで、在宅ケアを支える訪問看護が必要になり、訪問看護ステーションが開設されます。病院に併設されていたり、看護師や保健師が独立開業する場合もあります。訪問看護ステーションは全国に5,000余りあり、多くの保健師が活躍しています。


主な業務の内容としては、自宅で療養をする障害を持った方、ほとんどのケースでは高齢者のご自宅を巡回し、介助をしていきます。床ずれ防止の対応や、食事・排泄の介助、体温・脈拍・血圧の測定や痰の吸引等を行い、看護の仕事が多くを占めます。

確かに訪問看護ステーションに勤務するのは看護師のイメージが強く、保健師が勤務をしていても同じ業務をすることが多いのですが、今後益々需要が高まり、質も問われることになる訪問介護に関しては、保健師向けの求人も増え、保健のプロとしての役割も期待されています。


まず、保健師は地域に密着して保健指導を行っていきますので、地域との連携業務を発展させることが期待されます。さらに、保健に関する相談を受けることも大きな業務のひとつですので、高いコミュニケーション能力が鍛えられています。こういった役割は率先して業務を任されることでしょう。

訪問介護は病院だけではなく、保健所とも連携を取って仕事を進める必要がありますので、こういった場面でも保健師のコミュニケーション能力や調整能力は活躍します。


また、魅力は勤務体系にもあります。病院勤務の場合は夜勤が避けられない場合がほとんどですが、訪問看護ステーションの場合は日勤で、週休二日に加えその他夏季休暇、年末年始なども得られます。福利厚生の一環として、職員住宅を用意しているところもあり、待遇は良い場合が多いです。

業務は常に誰かに指示されるわけではないので、自主性が問われ臨床経験が必要になりますが、逆にこれまでの経験を活かして、多くの角度から様々なケアを高齢者や障害者の方に提供することができます。


転職を考えているのならば、特殊な求人になりますので専門の転職サイトを利用するのが便利です。また、過酷にもなりがちな訪問看護なので、自分の目指していること、生活とのバランスをよく考えた上で転職先は決めたほうが後のためになります。

条件や職場の詳しい業務内容に関しても転職サイトを通したほうが事前に情報を集めやすいので、是非覗いてみてください。おススメの転職サイトを下からご利用くださいね。