保健師の仕事や職場

保健師の仕事や職場



保健師の仕事は、簡単に言うと「人々の健康を守ること」です。

一見するとそれは、医師や看護師達と同じ役割なのではないのか?

と混沌する方も多いと思いますが、保健師には保健師ならではの大きな役目というものがあります。


医師や看護師の場合、病気やケガの患者の治療を目的としていますが、保健師の場合は人々が心身ともに健康な状態で毎日暮らせるように、病気にならない為の予防や対策を主とした目的に違いがあるのです。

例えば、学校や企業などで定期的に行われる健康診断です。健康診断では必要最低限な検査を行いますが、そこで疾病の早期発見を目指し、病気に繋がるような生活習慣の乱れなどを正すことを指導します。


また、「ここ最近、体の調子が優れない。何かの病気かも・・・」、「子供の成長が周りの子よりも遅いのでは?」と自身やお子さんの健康に不安を抱えている方は多くいます。

保健師はそういった者達の相談に乗り、健康に関する心配を少しでも取り除いてあげることが求めらます。もちろん、症状や状況に応じて医療機関への受診を勧めることも保健師の大事な仕事です。




患者さんの回復がダイレクトに伝わる看護師とは異なり、自分が行った仕事が人々の健康を支えているという実感が湧きにくい仕事ではあります。

ですが、幅広い年代の方々とふれあい、地域に密着した働き方ができる保健師の仕事は何ものにも代えがたいやりがいを感じられるのではないでしょうか。


行政を始め、学校や企業などで保健師さんは大活躍しています
職場は違えど、人々の健康をサポートする必要不可欠な存在であることは変わりありませんが、仕事内容や給料、勤務時間はそれぞれの職場で微妙な違いがあるようです。

下記では、保健師の仕事に関する気になる疑問を記事にてご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

保健師の仕事に関する関連ページ


保健師の活躍する職場とは?

保健師の職場別仕事内容について、上記の記事でもご紹介していますが、簡潔かつ急いでチェックしたい!

という方の為に、ここでは行政保健師・学校保健師・産業保健師の仕事について簡単にご説明したいと思います。



行政保健師
全国各地域に設置されている保健所や市役所で働く保健師です。保健師のほとんどがこの行政保健師、つまり公務員として勤務しています。対象は幅広く、地域に暮らす乳幼児から老人まで担当します。育児相談、自宅訪問に加え、公務員の業務もこなさなくてはならないため、臨機応変な対応が求められます。


産業保健師
企業で働く保健師のことを言います。産業医や人事労務の担当者と手を取り合い、企業で働く従業員達の健康をサポートします。企業などで度々問題となる過労死を防止する対策や、近年急増しているうつ病予防など体だけでなくメンタル面のケアが重要視されています。


学校保健師
学校で働く保健師のことを言います。対象は生徒や職員となりますが、保健室の先生とはまたちがったポジションとして位置づけられています。保健室の先生とは養護教諭を持った職業であるため、看護師・保健師免許だけでは就くことができないのです。



いずれにしても、保健師の仕事は安定していて非常に働きやすい環境であるため、なかなか求人を見つけることができません。

その為、少ない時間で効率的に就職・転職活動を行いたい方には求人サイトの利用をおすすめします。空いた時間にネットで簡単に新着求人をチェックすることも出来ますし、コンサルタントに相談して条件交渉も可能ですので、理想の職場への転職も実現できるのではないでしょうか。



 保健師の求人転職に強い求人サイトは?