シップナースの仕事について

船の保健室で働くシップナースとは

近年では、医療機関だけでなく福祉施設でも、多くの看護師が活躍しています。これらだけでなく、企業の医務室や学校の保健室、イベントナース、ツアーナースなどで活躍の場が広がっており、求人サイトなどでも情報が掲載されています。

医療業界に精通していなくても、看護師が様々なところで必要とされていることが、広く知られるようになりました。


看護師の知識とスキルがあれば、様々なところで活躍できます。誰でも体調を崩すこともあれば、病気にかかることもある以上、あらゆる場所でそういった事態に備える為に、看護師を必要としているわけです。

イベントナースやツアーナース以外にもシップナースという働き方があるのをご存知でしょうか。シップナースは、長期に航行する客船の医務室や保健室で働くことになります。


仕事内容は、船医と連携し、乗客や乗務員の健康管理を行ったり、急病に対する処置などです。医療知識、スキル、技術、語学力、判断力など、様々な能力が求められることになります。

病院とは違って、船内の設備には限りがあるので、時には症状だけを見て原因を判断する必要があります。学校の保健室くらいの設備しかないというところもあるので、病院のように必要な医療器具が揃っているわけではありません。


緊急事態の際には、他のものを代用して医療道具にすることがあるようです。病状次第では急遽最寄りの港に入港して、救急搬送することもあり、的確な判断が求められます。

また、長期航行する客船は、日本国内だけでなく、世界各地を回ることがあります。そのため、医療知識とスキルだけでなく、語学力も求められることになります。豊富な経験と技術、そして自信がないと難しいでしょう。船内には医師も看護師も少ない人数しかいないので、それなりの人材が求められます。


もし、イベントナースやツアーナースとして働いたことがあるなら、シップナースに応募して経験を活かすことができます。能力を活かしながら、新たな経験を積みたい人にもいいでしょう。