シップナースの仕事について

船の保健室で働くシップナースとは?



近年、テレビで豪華客船の情報などが取り上げられることが増えましたよね。実は看護師は船の中でも需要があるのです。

一般的に看護師の働く職場といえば、医療機関や福祉施設を想像する方が多いかと思いますが、船の保健室で働く看護師は「シップナース」と呼ばれ、医療機関とは一味違った働き方ができます。


シップナースの仕事やメリット・デメリットは

シップナースの働く職場は船の中です。その船に乗っているお客さんだけでなく、従業員を含んだ方たちがケガをしたり、体調を崩した際に応急処置を行います。

特に陸を離れた海の上では普段と環境が違うため、体調を崩す方も多いです。そういった方が不調を訴えた際に適切な処置を行うのがシップナースの仕事となります。

看護師としての経験を活かせる

医療機関で身に付けた技術や知識を活かし仕事ができるというのは大きなメリットです。船には何百人もの人が乗っているので、その人たちの健康を裏で支える職業ということにやりがいも感じられるでしょう。

高給与が期待できる

病院で働いている看護師は夜勤手当などもあり高収入が期待できるといわれていますよね。シップナースの場合はどうなのかというと、病院での年収の更に上をいきます。

高いところだと800万円前後の年収になるところもあるため、高収入が期待できる職場で働きたいと思っている方からも人気です。

拘束時間は長い

高収入が期待できるのは大きな魅力ではありますが、船の上では24時間体制で対応を求められます。

夜間に体調を崩した方がいればすぐに適切な対応をしなければなりませんし、睡眠時間が削られてしまうことも多いでしょう。


また、数ヶ月にわたって海の上にいることも多いです。そのため、家族のいる方には向いていない働き方だといえるでしょう。

船の上では利用できる施設も限られていますし、行動範囲も制限されることにストレスを感じる方も多いようです。

責任が重い

シップナースに限ったことではありませんが、たくさんの看護師がいる病院であれば何か困ったことがあったときに協力を仰ぐことができますよね。

しかし、シップナースは基本的に船の上に1人または2人しかいません。このほかに医師が1人いますが、自分で判断して行わなければならないことも多いため看護師の責任は非常に重いです。

求人情報を見つけにくい

最も大きなデメリットといえるのが求人情報がかなり少ないということです。

すでにシップナースとして働いている方が辞めたりしない限り新しい求人情報は出てこないため、シップナースとして働きたいと思ったとしても就職先がなかなか見つからないのです。

シップナースに求められるスキルは?



シップナースは看護師として長年の経験を積んできた人でなければ務まらないでしょう。

ケガや体調不良が発生した際には少人数の看護師で対応しなければならず、その際には個人で判断をしなければならないこともたくさんあります。


まだ看護師としての経験が浅い方の場合、周りから指示を受けなければ動けないことも多いでしょう。

そういった方だとシップナースとして働くのは難しくなるので、まだまだ看護師としての経験不足を感じている方はまずは病院などの医療機関でじっくり経験を積むことから始めてみてくださいね。


求人によってはただ単に看護師資格を所持していれば応募できるわけではなく、救急外来や集中治療室で勤務した経験がなければならないところもあります。

ここからもわかる通り、シップナースに求められるスキルは非常に高いといえるでしょう。

自分自身の体調管理も必須

シップナースが働く職場は船の中にあります。

職場となる船は主に長期に航行する客船や貨物船であるため、自分自身が航行の最中に体調を崩したりしないように十分に注意しなければなりません。


一つの船に何十人もの看護師が乗っているわけではないので、自分が体調を崩してしまったりすると船やお客さんにも迷惑をかける形になってしまいます。

語学力も必要

長期航行する船には日本人だけでなく、様々な国のお客さんが乗っています。当然、そういった方たちが体調を崩してしまうこともあるでしょう。

具体的にどのような体調の変化を感じているのか詳しく知るためには細かく話を聞かなければなりません。

そのため、シップナースとして働く場合には日常会話レベル以上の語学力が求められます。

機転の利く人が有利

最新の設備が整っている病院で働いたことがあるからといって必ずしもシップナースの仕事で有利になるわけではありません。

というのも、船の上には病院のようにたくさんの医療機器はありませんよね。


最低限の医療機器は搭載されていますが、病院にはかないません。そのため、場合によっては船の上にあるものを使って医療道具を作る必要も出てくるのです。

この際には看護師としての高い医療知識だけでなく、機転を利かせる能力も必要になります。


シップナースになる方法は?



まずは自分がシップナースとして活躍できるスキルを身に付けているのかどうか考えたいですね。不安なことや足りていない技術や知識がある場合はそれらを身に付けることが最優先です。

シップナースになるためには求人情報を見つけなければなりません。働き方としては船会社の正社員として採用してもらうか、クルーズ会社と契約するという2つの方法があります。


まず、船会社の正社員になる方法についてですが、こちらは主に欠員が出た際に求人募集が出るのでこまめにチェックしておくことが大切です。

客船のほか、貨物船にも乗船する形となり、短くても数ヶ月間は船の上で生活することになります。


一方でクルーズ会社と契約をして働く場合は2~3日程度といった短めの乗船期間が一般的です。こちらは船旅に添乗して仕事をします。


注意しなければならないのが、クルーズ会社と契約をしてシップナースになったからといって毎日仕事があるわけではないということ。

安定性のことを考えるのであれば船会社の正社員を目指してみましょう。船や旅行が好きな方に向いている働き方でもあるので、興味のある方は求人情報を探してみてくださいね。

<船の保健室で働くシップナースとは?・まとめ>

  • 長期航行をするシップナースは病院より高収入が期待できる
  • シップナースの求人はめったに出てこない
  • シップナースに求められるスキルは非常に高い
  • 船会社の正社員になるかクルーズ会社と契約する働き方がある