看護師求人の中でも人気の高い日勤常勤の職場について

看護師として日勤常勤の職場に転職したい!利点と注意点とは?

日勤のみの常勤で働きたいという看護師さんの為に、日勤のみの常勤のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

転職市場はどうなっているのかというと、やはり日勤のみよりも、夜勤ができる看護師のほうが圧倒的に需要があります。しかし、何らかの理由で日勤しか無理だという人もいるかと思います。実際に、出産や結婚を機に日勤のみやパートに転職する人が多くいます。


日勤のみの常勤として働くメリットは、

■規則正しい生活リズム

■正職員としての待遇

■求人数が多い


…といったことが挙げられます。日勤のみであっても正職員として勤務でき、ボーナスも福利厚生も充実しています。夜勤がないのでその分給与は少なくなりますが、規則正しい生活を送ることができます。育児やアフター5のために時間を取りたいのであれば、日勤のみ働くスタイルがいいでしょう。

夜勤ありの常勤よりは求人数が劣りますが、病院やクリニック、訪問看護などの選択肢があります。広い選択肢の中から比較して職場を選べるので、有利に転職活動が行えるでしょう。


デメリットは夜勤手当がない分、給与が減ってしまうことと、日勤の生活リズムに慣れるまでが大変だという2つが挙げられます。

もしプライベートよりも稼ぐほうを優先したいなら、夜勤ありの常勤が合っているかと思います。毎月の給与を見ると、夜勤手当があるのとないのとではかなりの差があるので、給与面においてもしっかり検討する必要があります。


日勤だと不規則な夜勤とは違って、毎朝早くに起きる習慣を身につけなくてはいけません。その点も慣れるまでは辛いと感じる人もいます。中には夜勤のほうが楽だという人もいるくらいなので、意外と軽視できないポイントです。夜勤がないからといって、必ずしも楽になれるわけではないようです。

介護施設やクリニックなどで日勤のみの常勤看護師が募集されていますし、夜勤ありの募集でも問合わせてみると「日勤のみの勤務でもいい」と応じてくれる病院もあります。


しかし、自分から「日勤のみでも大丈夫ですか」と問い合わせるのは勇気が必要ですよね。そんな時は看護師転職支援会社を通して、代わりに問い合わせてもらうといいでしょう。