保育園や幼稚園は看護師に人気の職場です!

看護師が保育園・幼稚園で採用されるには?



看護師が働く職場はたくさんあります。その中でも代表的なのが病院ではありますが、子どもが好きな方にぜひおすすめしたいのが、保育園・幼稚園の仕事です。

ですが、希望者がすべて採用されるわけではないので、採用されるためのポイントなどについてもご紹介しましょう。


看護師の転職、保育園・幼稚園が人気の理由



看護師の転職先として保育園や幼稚園はとても人気があります。子ども好きな人であれば、毎日職場で小さい子どもと遊べるだけでも楽しいと感じるでしょう。

それに加え、勤務時間が固定されていて働きやすいのが大きな魅力です。病院で働く看護師は特に忙しいといわれますが、予定外の残業が発生したり、思うように休みが取れないこともありますよね。


ですが、保育園や幼稚園であれば夜勤もなけれは当直もありません。それに加え、ほとんど残業もないのです。

毎日忙しく仕事していた方からすると非常に魅力的な職場だといえるでしょう。


特に夜勤のある職場の場合、二交代制、三交代制の働き方にどうしても慣れることができず、体調を崩してしまう方もいます。

せっかくの休みも一日中寝て終わってしまった…という方も多いのですが、規則正しく生活したいと思っている方も保育園や幼稚園をチェックしてみてくださいね。

勤務形態がいろいろある

保育園で働く看護師はフルタイムの正社員のみではなく、パートやアルバイトといった形でも求人が出ています。

まだ子どもが小さいからフルタイムでは働けない…という方もいるかもしれませんが、パートやアルバイトであれば午前中のみといった働き方も可能となっているので、自分の理想に近い働き方ができるでしょう。

確実な休みがある

病院の場合は人手が足りていないところも多く、思うように休みが取れない職場も珍しくありません。何とかして休みを取ったものの、直前になって予定が変更になり、出勤しなければならないようなケースもありますよね。

しかし、保育園や幼稚園であれば土日や祝日は休日扱いになります。休みの日は自分の子どもと出かけたいという方も家庭と仕事を両立しやすくなるでしょう。

デメリットはないの?

毎日忙しく病院やクリニックで働いていた看護師からすると保育園や幼稚園という職場は魅力しかないように感じるかもしれません。しかし、デメリットもあります。

それは、病院に比べると収入が低くなってしまう可能性が高いということ。看護師は高収入が期待できる仕事としても知られていますが、その大部分は夜勤手当によるものです。


保育園や幼稚園では夜勤がないというメリットがありますが、これはその分の収入が少なくなってしまうという意味でもあるので、収入を重視して職場選びをしたいという方には向いていません。

気になる年収についてですが、一般的な看護師の平均年収は470万円超とされていますが、保育園で働く看護師の年収の平均は320万円ほどとなっています。この違いはかなり大きいといえるのではないでしょうか。


特に前の職場でかなり高収入を得ていた方は収入の落差に驚いてしまうかもしれないので、本当にその職場で働いていけるのかよく考えたいですね。

できるだけ高収入が期待できる保育園で働きたいと思っているのであれば認可保育園がおすすめです。

<関連記事>:【看護師の転職】日勤常勤のメリット・デメリットは?


看護師が保育園・幼稚園で採用される方法・ポイントは?



保育園・幼稚園への転職は人気があるものの、求人情報が多いわけではありません。どの園でも何十人も一度に採用をするわけではなく、何らかの理由があって職場を離れてしまった人がいてその人の抜けた穴を埋めるために新規の求人を出すことが多いです。

そのため、保育園や幼稚園で働きたいと思ってもなかなか求人情報が見つからず、転職できずにいる方もたくさんいます。


そこで、看護師が保育園と幼稚園で採用されるためにどのようなポイントに注意したら良いのかについてご紹介しましょう。

競争率は高い?

看護師の転職先として人気の保育園や幼稚園ではありますが、競争率は高いのでしょうか。結論からいってしまうと、これはかなり高めです。

求人が出た際に応募するのは看護師だけではありません。多くの保育士も日々求人情報を探しています。看護師に加え保育士の応募もあるのでライバルはかなり多くなるでしょう。

<関連記事>:保健師として保育園で働きたい!転職する時の注意点は?

面接でアピールしたいこと

看護師は確かに医療に関することを学んできた専門家ではありますが、保育園や幼稚園には保育士がおり、こちらを積極的に採用している園も多いです。

そういった方からすると看護師はアピールできるポイントが少ないのでは…と感じてしまう方もいるかもしれません。


ですが、看護師は業務の中でパソコンを使う機会も多いですよね。保育園や幼稚園では保護者の方に向けたお知らせのプリントを作ることもありますが、その際にはパソコンの能力が必要になります。

パソコンを操作に慣れていると評価してもらえる可能性が高いので、ここをしっかりアピールしておきましょう。


また、前の職場の勤続年数が長かった場合にはこれも大きなアピールポイントになります。

例え勤続年数が長かったとしても保育園や幼稚園とは関係のない病院で働いていたのは高評価に繋がらないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、勤続年数が長いということは辞めにくい証でもあるため、それだけで採用する側にとって大きな魅力があるのです。


求人に応募してきた保育士の中にはこれまでに他の保育園や幼稚園で長く働いてきた方もいるかもしれません。

そういった方に比べると不利になりやすいと思うかもしれませんが、看護師としての経験や知識をどのように活かしていけるのか考えて伝えましょう。


面接でとにかく子どもが好きということをアピールする方もいますが、子どもが好きなだけでは勤まらない職場でもあるので注意が必要です。

それから、面接に落ちてしまったとしても諦めず、求人情報を見つけたら積極的に応募していくことも大切なので求人情報の収集にも力を入れましょう。

<関連記事>:転職回数が多い看護師が、面接で気を付けることは?


<看護師が保育園・幼稚園で採用されるには?・まとめ>

  • 保育園・幼稚園は勤務時間が固定されていて働きやすい
  • 規則正しく働けて休みも取りやすい
  • 保育園や幼稚園は病院に比べると収入が低くなってしまう可能性が高い
  • 求人の競争率はかなり高い